Register now on mysite.com!    Login  
ホーム お知らせ リンク集 フォーラム 検索 サイトマップ お問い合わせ
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録


Top / 訴状提出

indexに戻る

目次

訴状提出の目的

  • 裁判のスタートライン。ここから始まる・・。いわゆる「訴えの提起」(不受理の場合もありますが)。

訴状提出の流れ

ステップ1 訴状提出のための書類の準備

  • 基本的に訴状,書証は相手方の人数分の副本が必要ですが,委任状や,資格証明といった当事者資格を証明するようなもの=いわゆる訴状に「添付書類」として記載するものについては,原本(場合によっては写し)一通のみの提出です。
  • 例えば,原告が会社である場合は,代表者の資格を証明するもの=登記事項証明書が必要になりますが,これは裁判所が確認できればそれでOKですので,相手方分を用意する必要はありません。ただし,例えば,訴訟の証拠として提出する場合,これは相手方にも見せないとはじまりませんので,副本が必要になります。

用意する書類

  1. 訴状(正本1部+被告の人数分)
  2. 書証(正本1部+被告の人数分)
  3. 委任状
  4. (当事者に法人がいる場合)資格証明(不動産登記事項証明書、代表者事項証明書)
  5. (不動産に関する訴えの場合)
    1. 不動産登記事項証明書 物件の特定のため
    2. 固定資産評価証明書 訴額算定のため

手数料等

  1. 貼用印紙=収入印紙
  2. 郵券 6400円 ※ただし、横浜地裁本庁の場合は現金納付が可能。この場合5000円,横浜簡裁は現金納付不可。こちらを参照してください>横浜簡易裁判所の郵券

ステップ2 訴状提出

裁判所へ直接提出する場合

  • 民事受付(事件係)に持ち込む。提出した後、書類のチェックがされるので結構待たされる。待つのであれば暇つぶしの本とか持っていくといいかもしれません。ついでの用事を済ませてもいいでしょう。
  • チェックが終わると、受理されます。何か書記官さんが気になる点等を説明してくれる場合もあるし、不受理の場合はその理由を説明してくれる場合もあるので、メモ帳等持っていき、メモできるようにしましょう。メモできないぐらいよくわからない場合は弁護士に電話等で説明してもらうようにお願いしてもいいでしょう。
  • 事件番号の書いた紙もしくは、「回答書」という書面を渡されます。回答書の右上に事件番号が書いてあります。担当部署も書いてあるはずです。(横浜地裁だけでしょうか?)この回答書は弁護士等に書いてもらって裁判所へFAXする必要があります。

受付印を控えにもらうこと

  • 必ずしも必要はありませんが、訴状控えを持参し、受付印を押してもらうことをお勧めします。何日に訴状が受け付けられたかが、わかりやすくなりますし、依頼者へ訴状の写しを渡すときにも、受付印を押したものをお渡しする方が、きちんと仕事をしている感?が増します。
  • 受付印が欲しい場合(この控えと同じ訴状を何月何日裁判所に提出して受理されたということを証明したい場合。対依頼者間など。)には,訴状提出時に控えも提出して,「受付印押してください」と言えば押してくれます。
  • 郵送での訴状提出の場合でも同じように控えを同封して,受付印が欲しい旨送付状にでもメモしておいて,返信用封筒を同封すれば,受付印を控えに押した上で,返送してくれると思います。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Counter: 24410, today: 3, yesterday: 0
Last-modified: Sun, 06 May 2012 22:35:28 JST (2383d)





Copyright ゥ 2003 by Masanori Kaji  |  Powered by Masanori Kaji 2006 Masanori Kaji  |  Design by 7dana.com